2015年07月15日

「自分」という意識

こんにちは!
ヨガを担当しているノアです。

夏休みムードになってしまう暑さが続いていますね。

夏といえば、日本には、原爆が投下された日、終戦記念日など、大変な過去を忘れないようにする記念日が数大くあるにもかかわらず、今日は安保法案が強行可決されました。

沖縄を戦場にし、原爆を投下された日本だけは戦争からもっとも遠い存在であってほしいと願いますが、私たちが選んだ代表がそのように決めてしまったのは、大変残念なことです。

戦争がなぜ起こるのかと想いを馳せれば、自分の利益を守るためです。

「他者」に何かを奪われる、という恐れから起こるものです。

「自分」という区別が入ると、人は途端に権利を主張しますが、そもそも「自分」と「他者」の区別がなくなれば、そのような主張はなくなります。

古代よりヨーガでは、一見「自分」に見える存在の奥深くにある「真我」は、宇宙全体を創造する力と同じものが流れていると教えています。

つまり、「自分」にも「他者」にも同じものが流れていると。

国を変える、世界を変えるというのは大変なことです。

でも自分は変えられます。

多くの人が、「自分」と「他者」の区別なく、すべてはひとつに繋がっているとの意識になりますように。

ヨーガを伝える身として、そんな思いでいっぱいになりました。

ノア




  

Posted by Haneicie at 16:29Comments(0)ヨガ