2016年09月24日

雨の日と体調不良の関係

こんにちは!
ヨガを担当しているノアです。

今日も雨…。
昨日も雨…。
おとといも雨…。

雨続きで体が重く、気持ちもどんより、頭も痛い…という方、多いみたいです。

今日のリラックスクラスも、昨日の別の場所でのクラスも、みなさん何となくそんな感じ。

低気圧の時の気圧の変化は、知らぬ間に体に影響を及ぼしているそうです。

特に女性は。

なんでも、気圧が低くなると、外側からの圧が減るので、体が膨張し、血管やリンパの流れが弱まるそう。

普段より押し出す力が弱まるため、血行不良やリンパの循環不良になるそうです。

そして、低気圧のときは、自律神経のバランスも変わり、副交感神経が優位になります。

副交感神経はリラックスしているときに優位になりますが、優位になりすぎると、だるさ、やる気のなさの原因にもなります。

個人的には、そんな時は無理矢理動かなくていいと思いますが…。

でも、動けるのであれば、ヨガで呼吸を意識して体を動かすと、自律神経のバランスを整えて、体の気を流すことに役立つと思います。

面倒であれば、深呼吸だけでも。

「吸う息で腕を上げて、
吐く息で腕を下げる」

これだけでも、体に気が巡る感覚が感じられると思います。

ヨガをやろう!と、難しいことを考えなくてもよいのです。

シンプルなところから始めてみてくださいね!

noa



  

Posted by Haneicie at 17:55Comments(0)ヨガ