2017年07月06日

2年前はこんなことを書いていました~遠慮はNO、配慮はYES~

こんなことを書いていましたシリーズ。

2年前はこんなことを書いていました。



「配慮はする、遠慮はするな」

柔術の練習において遠慮は、自分や仲間の成長を妨げるものです。

明かなミスをしているのにそこを攻撃しないのは、ミスに気付いていないかもしれないパートナーの成長を妨げる物です。

パートナーはきっと同じミスを繰り返すでしょう。

クラスの最後に、ほぼ毎回質問の時間を設けるようにしています。

そこで実は悩みや疑問があるのに、時間を取ってしまって悪いからと遠慮することも、自分や仲間の成長を妨げています。

誰かがそこで質問することによって、クラス参加者全員で回答をシェアすることができます。

全員の為になることです。



配慮は、全員が安全に楽しく気持ちよく練習するために必要な物です。

今のところ、私たちの道場には配慮に欠ける方はいません。

人として当たり前のことができない方はいくら強くてもお断りです。




新メンバーも一気に増えたので、ちょうどクラス時に話そうと思っていたことを2年前に書いていました。

と言うか、昨夜もクラス終礼時に言おうと思っていたのですが忘れました…。

今日こそ忘れずに言おう。



マックス柔術アカデミー&ヨガスタジオつくば竹園
  

Posted by Haneicie at 10:06Comments(0)柔術